スマートフォンのデータ復旧
Smart Phone Data Recovery
  1.  >
  2.  > 
  3. データ復旧について知る

Characteristic スマートフォンのデータ復旧について知る

スマートフォンに今までのデータ復旧技術は通用しません

スマートフォンのデータ復旧においては、システムが使用しているメモリチップの全域をまとめて抽出し
解析を行う必要があります。 それはスマートフォン本体内部の半導体にOSが組み込まれているために、
microSD以外に記録されたデータは、各キャリアメーカーの制限やセキュリティにより、
一般の誰もがアクセスする事もできず、解析も限られた施設でしか行えません。

パソコンに接続してもデータ復旧はできません。
スマートフォンは端末と同じ言葉で、
話す必要があるからです

スマートフォンのデータ復旧においては、端末をUSBケーブルなどでパソコンに接続しても、ほとんどにおいて何もする事ができません。
国が変われば言葉が変わるように、スマートフォンデータ復旧においても、その端末のメーカーや機種だけが判断できる専用の言葉があり、 当然の事ながら、WindowsやMacなどのOSの言葉で話しかけても意味がないのです。

イメージ画像
復旧するファイルの解析方法がそれぞれ異なります

これまでパソコンのデータ復旧においては、ファイルシステムと呼ばれるデータを取り扱うフォーマット情報からデータの記録痕跡を解析し復旧していました。 ところがスマートフォンの通信操作に関わるデータの場合このような概念すらなく、アプリケーションに依存する画像などもパソコンに接続しても取り出す事はできません。

なぜなら、これらの大半は、半導体に組み込まれたシステム上のデータベースに登録されたり、関連情報としてシステム内の特別な箇所に管理されたりしているためです。 つまりメールや電話帳及び、これらは時に手動で解析しなければならないほどの作業を要求される場合もあります。

解析 イメージ画像
スマートフォンが物理的に機能しない場合は?

本体は正常でデータを削除した場合や、システムの異常によりデータが読み出せない場合と異なり、本体そのものが物理的に機能していない場合があります。 例えば落下による液晶の破損や水没などがあります。 もっと深刻な場合だと実装基盤上の電子回路の障害、さらには基盤そのものが破損している場合があります。 このような場合、実装基盤を部分的に修理したり、時にはデータを記録している半導体チップやプロセッサを実装基盤から取り外し正常な基盤へ再実装したりしてデータを復旧します。 ところがスマートフォンの通信操作に関わるデータの場合このような概念すらなく、アプリケーションに依存する画像などもパソコンに接続しても取り出す事はできません。

障害基盤処理

障害基盤処理

メモリ除去

メモリ除去

リワーク再実装

リワーク再実装

X線検査

X線検査

“ スマートフォンのデータ復旧は、同じ機種で同じデータを取り出す作業でも、
障害が変われば同じ作業は全く通用せず、作業工程が大きく変わってしまいます。
これらを分かり易くするため、WinDiskRescueでは
作業難易度や目的に合わせたデータ復旧プランをご用意しています。 ”

「ブラックボックス」に触れることができるのは、優れたエンジニアだけの特権です。
WinDiskRescueは、次の時代に対応した技術です。

Plan 復旧作業プラン

おてごろ 軽度作業プラン

本体は正常で、誤って削除してしまった【写真】のみ、復旧ご希望の方向けプラン。

詳しく見る

おすすめ 中度作業プラン

本体は正常で、削除してしまった【写真・動画・アドレス帳】のデータを復旧するプラン。

詳しく見る

とことん 重度作業プラン

修理が必要な物理障害のある端末から【写真・動画・アドレス帳】のデータを復旧するプラン。

詳しく見る

あきらめない 最難度作業プラン

端末を開封し、メモリ部分の取り外しを行うことでデータ復旧を行うプラン。

詳しく見る