NAS
ネットワークストレージのデータ復旧

  1.  >
  2. ネットワークストレージのデータ復旧

Data Rescue ネットワークストレージのデータ復旧

NASネットワークストレージ

NAS/ネットワークストレージ

パソコンに接続されるなく単独動作するため不調故障見落としがちです。

NASとは、ネットワークにドライブを接続して利用し、
簡単に複数台のマシンでデータを共有する事ができます。

NASって便利だったけど・・・
普段は機器の存在すら気にしないNAS

機器の回復を優先すると、被害が拡大する事も

普段はアクセスしない限り機器の存在すら気にしないネットワークストレージ。 パソコンに接続される事なく単独で動作するため、不調や故障を見落としがちなハードディスクなのに頼りすぎていたのではないのでしょうか。RAIDであれば、当初1本のハードディスク障害発生だけでデータアクセスは問題なくできていた状態でも、リビルトなど機器の回復を優先した操作で悪化させる事が多々あります。

NASであれば、障害発生後に再起動を繰り返したり、消えたボリュームや共有フォルダを再作成したりと機器への安易な操作がデータ消失障害を拡大させてしまいます。RAID、NASの障害、これらに共通する事は、利用者全員が同じ箇所にデータを保存しているため、データ消失時の被害規模が大きい事です。当社ではこのような利用者全員に影響を及ぼす一刻を争うデータトラブルでも早期解決を目指し対応しています。

データ復旧作業の特性

Trouble case 下記のような様々な障害に対応しております。 弊社では以下のような症状・障害に対応いたしております。下記の症状以外についても対応可能な場合がありますのでお気軽にお問い合わせください。

論理障害
論理障害 誤って削除した! 本体を初期化してしまった。ファイル名が文字化けのようになった。
物理障害
物理障害 異音を発している! ”カコンカコン”などの異音を発している。
エラー警告障害
エラー警告障害 警告が出る! アクセスランプが点きっ放しでハングアップする。警告が出てアクセス出来ない。
認識障害
認識障害 突然認識されなくなった! ネットワーク上から認識されなくなった。ファイルやフォルダが無くなっている。
その他の障害
その他の障害 本体の水濡れ! 本体の水濡れや、水没、落下させて破損させた。

Flow 初期診断からデータが復元するまで

初期診断からデータが復元するまでの流れ図 初期診断からデータが復元するまでの流れ図

■重度障害レベル

クリーンルーム内での物理処置や、高度解析処理装置を駆使したサービスエリアの解析および整合が必要な障害、暗号環境などの障害が該当します。重度障害の場合、一旦「開封解析検査」を行い被害に応じた適切な処置を見極めます。

これら検査により、障害レベルを「ステージA」、「ステージB」、「ステージC」と分類し、お客様の障害克服に適したデータ復旧費用としてお見積りをご提示いたします。障害発生以後メディアに対して何もしていないほど被害が拡大せず、低費用で解決しやすくなります。

お申し込みは電話かFAX、専用フォームから

0570-020-907

Fax.096-373-2214

専用フォームからお申込み