NASのデータ復旧
Network Attached Storage Data Recovery
  1.  >
  2.  > 
  3. 料金/価格表

Price list ネットワークストレージのデータ復旧料金

データ復旧設定料金について

初期診断量無料メディア総容量計算方式
  • RAID・NAS・サーバーのデータ復旧はハードディスクの障害指数にてお見積りをいたします。
  • 料金設定の無いメディアについてはお問い合わせ下さい。
  • お支払いについてはこちら

復旧料金以外に発生する料金について

  • 部分的なデータ復旧、データ選別は作業完了後に可能になる為、別途選別費用が発生します。
  • 一部の重度障害で特殊解析が必要な場合、有料診断となる場合があります。
  • 特急・緊急、長期解析作業をご希望の場合、状況に応じた費用が発生します。
  • 送料はお客様のご負担となります。
  • 分解が困難なパソコン本体からハードディスク取外し作業が発生した場合。
NAS

RAID構成時の診断料 ( ※表記価格は税抜きとなります。 )

診断対象となるRAID構成 RAIDマップ整合検査費
"RAID0 / 0+1 / 5 / 6、RAID-Z、JBOD、
スパン、ダイナミックディスク(※容量問わず)
5本構成まで、無料診断
6本構成以上、有料診断
¥5,000 x 本数(発注時は無料)

RAID・NAS・サーバーのデータ復旧料金算出方法

SATA / PATA、SAS / SCSI ハードディスク
(1)【 一般障害 】で処置するディスク
(※開封が不要な障害)
(2)【 重度障害 】で処置するディスク
(※開封が必要な障害)
一律「簡易処置」 x 本数
※特急診断、緊急作業、除外ディスク発生時は、「通常処置」x本数
「ステージ A」または「ステージ B」 x 本数
※1本でも「ステージC」が適用される場合は、事前発注
(1)+(2)= 合計金額が作業料金となります。

RAID・NAS・サーバーのデータ復旧料金算出方式

RAID・NAS・サーバーのデータ復旧料金算出方式RAID・NAS・サーバーのデータ復旧料金算出方式

【RAID・NAS・サーバーのデータ復旧サービスご利用について】

  • 当サービスをご利用の場合は、RAID構成のハードディスクすべてをご送付ください。
  • ハードディスクは、接続順やディスク番号が判るようにしておくと診断がスムーズになります。
  • 障害発生時の状況やエラーを発していたハードディスクなどの情報を、お申し込み時にわかる範囲でお知らせください。
  • ※ミラーリングの場合は、ハードディスク単体または最小構成で対応しています。

SATA / PATA ハードディスクのデータ復旧料金 ( ※表記価格は税抜きとなります。 )

SATA/PATA 一般障害 重度障害
ディスク容量 無料診断で確定 有料診断で確定
開封解析検査費 ¥10,000(発注時は無料)
モデル値 簡易処置 通常処置 ステージA ステージB ステージC
~160GB ¥50,000 ¥80,000 ¥150,000 ¥250,000 被害程度で
費用を算出し
事前発注処理
~320GB ¥60,000 ¥90,000
~640GB ¥70,000 ¥100,000 ¥200,000 ¥300,000
~1TB ¥80,000 ¥120,000
〜2TB ¥90,000 ¥140,000 ¥250,000 ¥350,000
〜3TB ¥100,000 ¥160,000
〜4TB ¥110,000 ¥180,000 ¥300,000 ¥400,000
〜5TB ¥120,000 ¥200,000
〜6TB ¥130,000 ¥220,000 ¥450,000 ¥550,000
〜8TB ¥150,000 ¥240,000
SATA/PATA 一般障害
ディスク容量 無料診断で確定
モデル値 簡易処置 通常処置
~160GB ¥50,000 ¥80,000
~320GB ¥60,000 ¥90,000
~640GB ¥70,000 ¥100,000
~1TB ¥80,000 ¥120,000
〜2TB ¥90,000 ¥140,000
〜3TB ¥100,000 ¥160,000
〜5TB ¥120,000 ¥200,000
〜8TB ¥150,000 ¥240,000
※被害程度で費用を算出し事前発注処理を行うステージCがあります。
SATA/PATA 重度障害
ディスク容量 有料診断で確定
開封解析検査費
¥10,000
(発注時は無料)
モデル値 ステージA ステージB
~320GB ¥150,000 ¥250,000
~1TB ¥200,000 ¥300,000
〜3TB ¥250,000 ¥350,000
〜5TB ¥300,000 ¥400,000
〜8TB ¥450,000 ¥550,000

SAS / SCSI ハードディスクのデータ復旧料金 ( ※表記価格は税抜きとなります。 )

SAS/SCSI 一般障害 重度障害
ディスク容量 無料診断で確定 有料診断で確定
開封解析検査費 ¥10,000(発注時は無料)
モデル値 簡易処置 通常処置 ステージA ステージB ステージC
〜73GB ¥60,000 ¥80,000 ¥200,000 ¥300,000 被害程度で
費用を算出し
事前発注処理
〜147GB ¥70,000 ¥100,000
〜300GB ¥80,000 ¥120,000 ¥250,000 ¥350,000
〜600GB ¥90,000 ¥140,000
〜1TB ¥100,000 ¥160,000 ¥300,000 ¥400,000
〜2TB ¥110,000 ¥180,000
〜3TB ¥120,000 ¥200,000 ¥350,000 ¥450,000
〜4TB ¥130,000 ¥220,000
〜6TB ¥140,000 ¥240,000 ¥500,000 ¥600,000
〜8TB ¥160,000 ¥260,000
SAS/SCSI 一般障害
ディスク容量 無料診断で確定
モデル値 簡易処置 通常処置
〜73GB ¥60,000 ¥80,000
〜147GB ¥70,000 ¥100,000
〜300GB ¥80,000 ¥120,000
〜600GB ¥90,000 ¥140,000
〜1TB ¥100,000 ¥160,000
〜2TB ¥110,000 ¥180,000
〜3TB ¥120,000 ¥200,000
〜4TB ¥130,000 ¥220,000
〜6TB ¥140,000 ¥240,000
〜8TB ¥160,000 ¥260,000
※被害程度で費用を算出し事前発注処理を行うステージCがあります。
SAS/SCSI 重度障害
ディスク容量 有料診断で確定
開封解析検査費
¥10,000
(発注時は無料)
モデル値 ステージA ステージB
〜147GB ¥200,000 ¥300,000
〜600GB ¥250,000 ¥350,000
〜2TB ¥300,000 ¥400,000
〜4TB ¥350,000 ¥450,000
〜8TB ¥500,000 ¥600,000

ハードディスクの取外し料金 ( ※表記価格は税抜きとなります。 )

分解が困難な機器 分解組立費
デスクトップ / ノートパソコン ¥5,000

ハードディスク取外しサービスのご利用について

  • 当サービスは、分解が困難な一体型パソコン、ノートパソコン等からハードディスクやSSDの取外しをお客様に代わり行うサービスとなります。
  • 該当のお客様でデータ復旧をご依頼の場合は無料となります。
  • 保証が適用されない場合がありますので事前にお問い合わせ下さい。取外しが安易な一般的なものは無料です。

障害指数と処置内容

■一般障害

簡易 初期化、削除した直後、突発的なファイルシステム障害など

【障害規模】
  • 誤って初期化、削除、領域解放した直後の論理障害
  • 物理的要因はなく、突発的に発生した論理障害
  • 上記障害以後の稼動で時間が経過していない障害
  • 軽微な不良セクタがあるが機能に支障がない障害
【作業規模】
  • 磁気情報抽出装置+ファイルシステム解析装置の併用
  • 特急診断、緊急作業時は「通常」扱い

通常 プラッタスのキズ、ファームウェア障害、部分的なヘッド障害など

【障害規模】
  • 半導体の書き換えやファームウェア整合が必要な障害
  • ヘッド、プラッタ接触などによるプラッタスクラッチ多発障害
  • 重度リードエラーを装置によるコントロールで回避できる障害
  • サーボインフォメーション損傷によるヘッド暴走、異音発生障害
  • 損傷したヘッドやプラッタを除外すれば未開封で対応できる障害
  • ファイルやディレクトリ情報などが特定できない重度の論理障害
  • クリーンルームで簡易的な調整、検査が必要な障害
【作業規模】
  • サービスエリア解析装置の利用
  • 半導体の解析装置、リワーク装置の利用
  • 磁気情報抽出装置+ファイルシステム解析装置の併用

■重度障害

ステージA クリーンルームで物理処理を行うことで解決できる障害など

【障害規模】
  • クリーンルームで物理処置、移植作業が必要な障害
  • 磁気情報抽出後に暗号復号作業が必要な障害
  • FA産業機器、特殊なOSの障害
【作業規模】
  • クリーンルームの利用
  • 磁気情報抽出装置+ファイルシステム解析装置の併用
  • 専用解析インフラの構築

ステージB クリーンルームで物理処理を数回行うことで解決できる障害など

【障害規模】
  • クリーンルームで物理処置、移植作業が何度も必要な障害
  • 開封を伴う磁気情報抽出後に暗号復号作業が必要な障害
  • 開封を伴うFA産業機器、特殊なOSの障害
【作業規模】
  • 「ステージA」より作業難度が高く、設備占有率が高い
  • 「ステージA」の作業を何度も繰り返す必要がある

ステージC 処理を実施してみない限り復元の可否すら判断できない障害など

【障害規模】
  • 長期的(数か月)な作業を行うことで復元できる障害
  • 入手困難な希少ドナーを調達しないと復元できない障害
  • 再作業ができない処置を施さないと復元ができない障害
  • 作業耐性が低く、慎重な処置を繰り返す必要がある障害
  • 水没、火災など外見による判断で深刻と判断される障害
【作業規模】
  • 「ステージB」の作業難度を超え、設備占有率が極めて高い
  • 「ステージB」の作業を長期間に渡り、繰り返す必要がある
  • 復元不可の場合を除き、キャンセル不可の事前発注作業

お申し込みは電話かFAX、専用フォームから

0570-020-907

Fax.096-373-2214

専用フォームからお申込み