HDD
ハードディスクのデータ復旧
  1.  >
  2.  >
  3. 復元率は誰が決める?

Data Rescue 復元率は誰が決める?

復元率は誰が決める?

よく考えてください。お客様が何を一番重要視しているのかは
復旧業者は事前に知るはずがありません。

データ復旧業者は、お客様がどのくらいデータを保存していたのか、
そして何が一番重要なのか事前に知るはずがありません

昔から多くの消費者が数字の魔法にかけられてきました。例えば成分表示などでは「2000mg配合」といった表示をよく見かけますが「2g」のことです。このように数字は多いほど魅力的なのです。 それでは復元率ならどうでしょうか?

復旧率の図 イメージ画像

“ 復元率はデータ復元後にお客様ご自身が判断すべき事で、
事前に告知できるものではないのです ”

データの価値はどれくらい?
たとえ同じモデルのハードディスクでも、
中身が変われば価値観も変わります
経済や社会に影響を及ぼす情報 イメージ画像
経済や社会に影響を及ぼす情報
情報通信、金融、航空、電力、ガス、行政、医療、水道、物流などの業界で、データ消失により社会インフラに影響が出る被害。
ビジネスに影響を及ぼす情報 イメージ画像
ビジネスに影響を及ぼす情報
知的財産、個人情報、会計情報、取引情報、契約情報、機密情報などデータ消失により事業継続に影響が出る被害。
人生に影響を及ぼす情報 イメージ画像
人生に影響を及ぼす情報
学校の成績表、思い出の写真や動画、裁判で用いる証拠など、人生が左右されたり、精神的ストレスを抱えたりする被害。
作り直しができる情報 イメージ画像
作り直しができる情報
パソコン、ストレージの代金や修理費相当、またはデータ作成に費やした時間相当のデータ焼失による被害。

“ このように誰もがデータに対する価値観が異なり、
それによって利用するサービスも選ばないといけないのです ”

ハードディスクを分解させるな!
本当の専門知識を理解していない事から、
非効率で誤った作業が行われている場合があります
交換して治らなければ不可能技術的限界
原理、知識に基づいた明確な結果匠の職人的技術

データ復旧サービスには、専門を名乗る業者によりソフトウェアを利用した復旧作業やクリーンルームを用いた開封作業が当たり前のように行われていますが、果たしてこれらの作業は安全で適切な処理ばかりなのでしょうか?

現在多くのデータ復旧業者が存在しているにも関わらず技術水準は定まっていません。 さらにハードディスクの物理構造や特性など本当の専門知識を理解していないことから、非効率で誤った作業だけが行われていることも少なくありません。

“ このようなサービスを選択しなければならないため、
データを消失したユーザーは価格以外の何かを見極める必要があるのです ”

データ復旧サービスはこうして選ぶ!
技術力はどこも同じではありません!
その判断基準とは?
交換して治らなければ不可能技術的限界
原理、知識に基づいた明確な結果匠の職人的技術

これら条件を満たせば、あとは「地域物価と価格帯」で判断すれば良いだけです。なぜなら「お客様が大事な情報を安心して預けられる条件」を維持するだけで一定の運営コストが発生することから、料金も相応で良質なサービスを受けられる機会が高まるからです。
 あと創業年数もですが、日本でデータ復旧サービスが一般化し始めた2000年以降から現在までの間、

「データ復旧サービスとしての事業年数」が長いほど、「しっかりしたサービスで結果を出し続けてきたため」と判断しやすくなるので、このような条件で自分に見合った業者を探すとよいでしょう。
技術力はどこも同じではありません。 「安かろう、悪かろう」もあれば、お金を荒稼ぎするだけの「悪徳サービス」もあります。

“ Web上の集客を目的とした「復元率表示」や「業界No1」といった
過大広告を安易に信じてはいけません。 時にはサービスを提供する側の視点で、
「お客様の大事なデータを預かる姿勢」をじっくり見直せば
目移りする多くの情報から本当の答えだけが見つかるはずです ”

「大切なものであればこそ、確かな技術でトラブルを解決していただきたい。
これが当社からお客様へのメッセージです。