機能と特徴 FEATURES

SOCIAL NETWORK

PC-3000 Protable Forensicの二つの役割 ROLE

ひとつはハードディスクを構造的に制御、調査する物理的なアプローチ、もうひとつはデータ解析や複製といった論理的なアプローチです。 コンディションが低下した押収ドライブに対しデュプリケーターで負荷をかけたリスクの高いクローンの作成や、ライトブロックを用いた論理的な解析はもう必要ありません。

ハードディスクの制御を構造概念でコントロール

  • あらゆるメーカーのSATA/PATAインターフェースのハードディスクの解析に対応しています。
  • ハードディスクの電源管理を製品でコントロールでき、自動的に電源供給を停止したり再起動させたりできます。
  • ハードディスクのモデル情報の表示や編集、S.M.A.R.T情報の閲覧、保存ができます。
  • ハードディスクの物理セクタ数を変更でき、ファクトリーフォーマットすることができます。
  • あらゆるメーカーのハードディスクパスワードを開錠でき、パスワードを参照したり変更したりできます。
  • ヘッドテスト、プラッタ表面テストができ、不良セクタを除去できます。
  • ディフェクト情報(P-List、G-List、T-List)の閲覧、編集、置き換えができます。
  • サービスエリアの情報(ファームウェア)の読み込み、書き込みができ、データベースで管理することができます。
  • 損傷したプラッタを分離した読み取り機能を与えることができます。
  • BIOSで認識しない、ノッキング音を放つハードディスクを修復したり、一時的に機能を回復させたりできます。
  • PCBの診断や実装された、マイコン、フラッシュROM情報の読み込み、書き込みができます。
  • ハードディスクの物理セクタをエディタで閲覧、変更でき、ATAコマンダーによる操作やドライブ性能検査ができます。
  • 一連の診断、解析結果やこれら操作手順をログとして保存することができます。
  • その他、高度な診断、解析機能が実装されています。
ハードウェア

ハードディスクに記録されていた情報を特殊な機能で解析

  • ハードディスク内のデータに対し変更を加えることなくデータを解析、閲覧、復元することができます。
  • すべての処理はタスクで管理され、ファイルシステムの解析、クローン生成、イメージファイル生成作業中でも中断でき、いつでも再開することができます。
  • FAT、NTFS、EXT2、EXT3、EXT4、HFS+、UFS1、UFS2、ReiserFS、XFS、VMFSなど、さまざまなファイルシステムに対応しています。
  • Unicodeに対応、解析内容は日本語も含め各国の言語で表示できます。
  • OSを介すことなくハードディスク内のデータ構造をエクスプローラでツリー表示することができます。
  • 削除したパーティションの復元や仮想パーティションを構築でき、過去の領域情報の特定や削除したデータの復元ができます。
  • GREPを用いたRAWリカバリに対応し、360レコード以上の基本リストを実装、カスタムレコードを追加することができます。
  • 指定したセクタエリアだけを読み取ることができ、特定のセクタやパーティションなど部分的な複製やイメージ化ができます。
  • 特殊読み取り機能で不良セクタやスクラッチなどの損傷箇所を回避させ、リードエラーやノッキング音がするハードディスクでも複製することができます。
  • 特定のヘッド、プラッタだけを分離した読み取りができ、損傷したヘッド、プラッタを除いたデータ復旧やクローン生成、イメージ生成ができます。
  • 損傷がひどく通常複製が困難なハードディスクの場合、指定したセクタ、または最終セクタから逆読みで複製することができます。
  • ハッシュ(MD5/SHA1)を用いたチェックサム似寄り、フォレンジックソフトウェアと連携した解析ができます。
  • 一連のデータ復旧結果やこれら操作手順をログとして保存することができます。
  • その他、高度なデータ復旧機能が実装されています。
ソフトウェア

よくあるご質問 FAQ

Q

この製品は何をするツールなのですか?

A

HDDやSSDの障害を一時的に改善、修復してデータを復旧するためのツールです。

Q

異音がするHDDでもこのツールで復旧できますか?

A

障害の原因や程度によっては可能です。ただし、物理的な問題を取り除かない限り対応できない場合は、クリーンルームなどの設備で処置も必要な場合があります。

Q

初心者でも使えますか?

A

簡易モードを使えば、導入したその日から基本的なデータ復旧機能をご利用いただけます。

Q

ソフトウェア更新は必要ですか?

A

本製品は、毎年のSMS(Software Maintenance Support)費用が必要な製品となります。
※更新期限を超えても製品は利用できますが、更新時に超過分が加算されます。

Q

製品トレーニングは用意されていますか?

A

本製品トレーニングは、国内では当社だけで行われています。HDD、SSD、フラッシュメモリについての知識習得から実践まで、さまざまなコースを有償で用意しています。

Q

導入実績について教えてください。

A

詳細は明かせませんが、日本中の法執行機関で利用されています。

正規輸入品
ロゴ:PC-3000 JAPAN

ロシアAceLaboratory社が日本総代理店として認めたPC-3000 JAPANの正規輸入品の証です。
製品をお買い求めの際は、このマークをご確認下さい。「PC-3000」および「PC-3000 JAPAN」は、
株式会社くまなんピーシーネットが日本において所有する登録商標です。