ABOUT US
会社概要

  1.  >
  2. 会社概要

Company 運営事業会社

事業会社 株式会社くまなんピーシーネット
設立 2002年6月6日
代表 浦口康也
本社 〒860-0834 熊本県熊本市南区江越2-1-8
お問い合わせ先 ナビダイヤル:0570-020-907
TEL:096-373-2213 / FAX:096-373-2214
資本金 1,000万円
決算期 5月
事業内容
  • データ復旧サービス
  • データ復旧ソリューションの開発、販売
  • デジタル・フォレンジックソリューションの開発、販売
主な商標 「WinDiskRescue」 「PC-3000 JAPAN」 「PC-3000」
「WDR Forensic Solution」
Webサイト https://www.kumanan-pcnet.co.jp
http://www.pc-3000.jp
http://forensic.kumanan-pcnet.co.jp
取引銀行 三井住友銀行(熊本支店)、ゆうちょ銀行(熊本支店)、肥後銀行(本店)
主要取引先 株式会社ユニットコム、加賀ソルネット株式会社、ウエスタンデジタルジャパン株式会社、イメーション株式会社、ACE Laboratory(ロシア)、Belkasoft(ロシア)、Vound(アメリカ)、株式会社日立製作所
各取引状況
WinDiskRescue事業部
株式会社ユニットコム「パソコン工房」「グッドウィル」「TWO TOP」「Faith」全国店舗、全国の大手、中小企業、金融機関、行政機関、当社代理店、個人
※情報を取り扱う業務のため、公開企業をのぞくお客さま等の名称記載は控えさせていただきます。
PC-3000 JAPAN事業部
警察庁、警視庁、都道府県警察、検察庁、国税庁、会計検査院、大手ストレージメーカー、大手データ復旧会社、その他
WDR Forensic事業部
警察機関、政府機関、金融機関、4大監査法人(Big4)、法律事務所、情報セキュリティ企業、リスクコンサルティング企業、その他
加盟参画団体 日本データ復旧協会(DRAJ)
NPO法人デジタル・フォレンジック研究会(IDF)
一般財団法人保安通信協会

Vision ビジョン・コンセプト

大切なものであればこそ、確かな技術でトラブルを解決して頂きたい。

代表取締役 社長 浦口 康也

■社名について
創業時、熊本県南部を拠点とした「IT技術集団」を発足させようと決意。はじめてのお客様でもおぼえやすく親しみやすい社名にすべきであると熊本市南エリアの略称「くまなん」を社名に用い、IT技術で生まれるネットワーク(人とのつながり)を大切にしようという意味を込め、現在の社名「くまなんピーシーネット」と命名しました。
「メイド・イン・ジャパンの技術」への強い「こだわり」が、親しみやすい日本語「ひらがな」を社名に用いた理由でもあります。
最先端の技術を駆使した企業としての社名にふさわしいかは別として、創業時の願いが叶い、今日多くの皆様に弊社をご利用頂いている事を心から感謝致します。
くまなんピーシーネット:オフィス風景 くまなんピーシーネット:オフィス風景

■沿 革

2001年 8月 創業「WinDiskRescue」Web上で開業
2002年 6月 法人化
2003年 10月 増資にて株式会社へ組織変更
2004年 5月 本社移転、クリーンルーム等を備えたラボ施設建造
CD/DVDメディア障害用の新しい復元技術開発に成功、「ハードトレース技術」と称する
2005年 9月 「WinDiskRescue」 商標登録、国産技術としてブランド化
2006年 8月 プライバシーマークの認証を取得
  10月 「熊本ITサービス表彰」受賞
2007年 4月 株式会社シネックスと技術サポート面でパートナー契約を締結
  9月 キクデンインターナショナル株式会社と技術サポート面でパートナー契約を締結、東京サービスセンター開設
2008年 10月 本社移転
  11月 イメーション株式会社と技術サポート面でパートナー契約を締結
2009年 2月 ロシアACE Laboratory社と業務提携、データ復旧のプロ用ツール販売事業「PC-300 JAPAN」発足
  9月 警察庁「PC-3000 JAPAN」製品、正式採用
  11月 株式会社ユニットコムと技術サポート面でパートナー契約を締結
「パソコン工房」「Faith」「TOW TOP」全店で「WinDiskRescue」サービス開始
2010年 2月 日本データ復旧協会(DRAJ)へ参加
  3月 株式会社ユニットコムと「PC-3000 JAPAN」販売代理店契約を締結
  6月 加賀ソルネット株式会社と「PC-3000 JAPAN」販売代理店契約を締結
  7月 ロシアBelkasoft社と業務提携、デジタル・フォレンジックツールの取り扱い開始
2011年 3月 警視庁「PC-3000 JAPAN」製品、正式採用
2012年 4月 アメリカVound社と業務提携、デジタル・フォレンジックツールの取り扱い開始
  8月 「PC-3000 JAPAN」関西ショールームオープン
  10月 フォレンジックツールの多様化により販売事業部を発足「WDR Forensic Solution」ブランド化
2013年 10月 スマートフォン、タブレットのデータ復旧サービスを開始
2014年 8月 WesternDigitalデータリカバリー・パートナー認定

■納品・取引実績

  • WHOLESALE
  • MEDICAL
  • FINANCE
  • CONSTRUCTION
  • SERVICE
  • COMMUNICATION
  • MANUFACTURING
  • ELECTRICAL
  • REAL ESTATE
  • OTHER
プライバシーマーク
【プライバシーマーク制度】
認定登録日     2006年8月25日
認定機関       (財)日本情報処理開発協会(JIPDEC)
適用規格         JISQ15001:2006 準拠
認定番号         第18820129(05)

Access Map アクセスマップ